インフラ点検

高品質なインフラの保全

重要設備の小さな異常も見逃しません。

サービスの特徴

産業用ドローンを活用

産業用ドローンを活用

障害物回避機能を持つ最新鋭の産業用ドローンを利用することで対象物との距離を安全に保ちながら作業を実施

最新鋭ズームカメラを利用

最新鋭ズームカメラを利用

最大7倍ズームの最新鋭カメラを利用することで対象物の鮮明な映像の撮影が可能。きめ細かい保守メンテナンスが実現

全国飛行包括承諾を取得

全国飛行包括承諾を取得

これまでの実績が認められ、国土交通省から飛行禁止区域においての包括承諾を取得。数日後などの急な依頼も対応可能

CLUEの提供するサービス

時短

株式会社CLUEの豊富な知見に基いて、最適な飛行経路を計画します。ドローンは空を飛び上空からデータを取得するため、従来と比べて作業時間を大幅に短縮できます。

安全

足場を架けたり大きな道具を使用したり、点検の作業員はリスクと隣合わせに作業を行っていました。危険のあるインフラ点検をロボットに置き換えることで、作業上の危険を回避できます。ドローンは空中を飛行するため地上の条件に制約されることがなく安全です。

正確

適正な高度、適正なカメラ、適正な飛行速度、適正なデータ処理を行うことで、ドローンを使って非常に精度の高い点検を実現できます。CLUEのノウハウが、正確な点検を実現します。

データ加工

ドローンの点検の成果をより効果的に理解するために、取得されたデータを加工してより分かりやすい状態にすることができます。広範囲を全貌を一覧できるオルソモザイク、点検対象の概形をざっくりと把握するのに役立つ3Dモデルなど、ニーズをお気軽にご相談ください。

保守・メンテナンスサービス

風力発電所

風力発電所

ブレードのクラックや上空の風速を

パイプライン

パイプライン

長く広い範囲の点検はドローンの得意分野

橋梁

橋梁

橋桁の錆びや状態の劣化を調査

幹線道路

幹線道路

舗装の亀裂やブリージングを自動検知

トンネル

トンネル

近接目視検査をドローンが代替

海上油田

海上油田

作業員が立ち入りにくい場所に

ドローンがもたらすメリット

高解像度
  • 保守メンテナンスにかかる経費の大幅なコストカット
  • 短時間で作業が完了
  • 危険な場所での作業がなくなり、人命リスクを負わないで作業が可能

対象物に異常がないかを作業員が目視で確認する従来型のメンテナンス作業では、作業員の足場を組むために多くの時間が割かれてきました。そのため作業効率が悪く、高所での作業が求められる場合には作業員が人命リスクを負うことになります。

株式会社CLUEが提供する保守メンテナンスサービスでは、専任のプロのドローンオペレーターが現地での撮影を実施。最新のドローンやカメラを利用し、安全に配慮しながらスピーディーに点検作業を行います。

ドローンを利用すれば、足場を組む必要がなくなるため、作業時間を短縮し、メンテナンスの金銭的コストを削減できます。作業員が危険な場所に立ち入る必要もなくなるため、怪我などのリスクを最小限に抑えられます。

目視にとどまらないデータ加工技術

CLUEなら、例えばドローンが空撮した画像をオルソモザイクに加工することができるので、大規模な点検対象の俯瞰的な現況を正確に記録することができます。

2014年7月に施行された道路法施行規則によって、トンネル、橋、道路などの点検を近接目視により基本的に5年に1度の頻度で行うことが求められています。損傷、腐食その他の劣化などの異常が道路の構造や交通に大きな支障を及ぼす恐れがあるため、これらの点検は極めて重要です。例えばドローンが道路を空中から撮影した画像をオルソモザイクという写真地図に加工することによって、問題の位置を明確に特定することができます。

オルソモザイク

長さ100mを超える道路のオルソモザイク

接近飛行

構造物に接近して飛行するドローン

インフラ点検には許可のある業者を

人口集中地区に存在するインフラ設備の点検や、近接目視が必須の点検などであっても、航空法を遵守しなければなりません。

ドローンはインフラ点検を強力に支援するツールですが、同時に法律によって厳しく運用のルールが定められています。例えば物件への30m以内の接近は航空法で禁止されていますが、接近せずに十分な精度の目視点検を実施することは難しい場合もあります。株式会社CLUEは国土交通省による飛行許可を取得しており、物件に対する30m以内の接近を始め、人口集中地区などでもドローンを飛行させることができます。