不動産物件点検

ドローンが維持する建物の健康

問題の早期発見は、資産の寿命を伸ばします。

CLUEの事例紹介

実施日 2016年10月6日 (木)
実施時刻 15:50 ごろ
使用機体 Phantom 4
内容 屋根の点検
所要時間 10分以内
納品物 画像 / 動画

屋根の上に問題が発生していそうな疑いのあるときに、その状態を確認することは容易ではありません。地面からでは屋根の上を確認できないため、屋根の上に人が登る必要があります。高所作業となるため細心の注意が求められ、また屋根は傾斜していることも多いので危険が伴います。

上記の事例は、屋根の上の物体の状態を点検したものです。屋根の上のネジに緩みがあり、部品の安定性に疑問がありました。ネジの締まりに問題がなければ屋根に登って修理を行う必要がありませんが、それを知るために屋根に登る必要があるというジレンマがありました。

CLUEはドローンを使用して部品の状態を点検し、物体が安全に固定されていることを確認しました。ドローンを使用した点検では、作業者に危険が及ぶ心配がありません。足場を設置したり、遠方から望遠鏡で確認したりするよりも効率的で、詳細な情報の詰まった画像を撮影できます。

サービスの特徴

産業用ドローンを活用

産業用ドローンを活用

障害物回避機能を持つ最新鋭の産業用ドローンを利用することで対象物との距離を安全に保ちながら作業を実施

最新鋭ズームカメラを利用

最新鋭ズームカメラを利用

最大7倍ズームの最新鋭カメラを利用することで対象物の鮮明な映像の撮影が可能。きめ細かい保守メンテナンスが実現

全国飛行包括承諾を取得

全国飛行包括承諾を取得

これまでの実績が認められ、国土交通省から飛行禁止区域においての包括承諾を取得。数日後などの急な依頼も対応可能

Inspire点検

ドローンを使用して点検をしている様子

導入が進むドローンの商業利用

ドローンは様々な場面で活躍するパワフルな産業用ロボットです。従来、人間が実施していたことが原因で発生していた課題を克服します。

空撮用途の空飛ぶカメラという側面がドローンにはあります。しかしドローンの技術は急速に進歩しており、「ドローンでできること」はまさに日進月歩で増えています。センサーの冗長化、飛行制御アルゴリズムの高度化、モーターを始めとする出力部品の強化、それに伴うペイロードの上昇などにより、今ではドローンは点検ツールとして非常に有用です。

CLUEに依頼する理由

多機能なロボットであるドローンには、多機能であるがゆえの制約がつきまといます。複雑な仕事を専門家に依頼することは合理的です。

産業用ドローンを扱う人に求められることは極めて多様です。十分な操縦の習熟、正しい法規制の把握、カメラやセンサーの特性の理解、適切なデータ処理の知識など枚挙に暇がありません。例えばCLUEは人口集中地区での飛行許可を国土交通省から取得しているためドローンを飛行させることができますし、ドローンの飛行の特性やカメラ・センサーの特性に明るいため、安全な飛行計画をご提案できます。

Phantom4

道路から飛び立つドローン

幅広い対象

ビル

ビル

タイルの浮きや剥がれ、断熱材の破損など

大規模工場

大規模工場

金属部分の塗装の劣化や錆びなど

一般住宅

一般住宅

屋根の瓦やスレートの割れなど

データの活用

ドローンは上空から点検対象を撮影し、価値のある画像を取得します。

それらの画像を特殊なソフトウェアで処理することで、より活用しやすいデータを取り出すことができます。

オルソモザイク (tif / png)

オルソモザイク (tif / png)

オルソモザイクは正射投影画像とも言われ、ドローンが地面を俯瞰して撮影した画像を並べて合成したものです。地図のように実際の距離を正確に反映するため、異常箇所が目印からどれほど離れた場所にあるのか測定するのに使用できます。

点群 / 3Dモデル (las / obj / fbx)

点群 / 3Dモデル (las / obj / fbx)

対象の立体的な形状をコンピュータ上に再現できるので、凹凸のある異常を検出するのに役立ちます。屋根の上など普段はよく見えない場所の異常が、点検対象のどの位置なのかを視覚的・直感的に表示することができるため、点検成果の理解の手助けに役立ちます。

DSM (tif / dxf)

DSM (tif / dxf)

DSMはDigital Surface Modelの頭文字です。日本語では数値表面モデルと言い、点検対象の起伏の情報を格納したデータです。3Dモデルで表現される起伏情報を等高線やカラーマップで表示できるので、要約された情報として利用することができます。